スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロツメクサと花瓶

2014.05.29 10:29|くらし



シロツメクサと花瓶。

三女cocoからの、おみやげ。
シロツメクサ1輪。

1輪と呼んでもいいのか…茎が2センチほどしかありません。
ブチっと引っぱられたんだね。かわいそうに。
そう心の中で思いながらも、せっかくのおみやげ。
「ありがとう」。

さあ、この小さなシロツメクサ。どう飾ろう?
cocoと一緒に考えます。
1番小さなコップでも大きすぎ。

「じゃーん」。
わざとらしい効果音とともに、小さな小さな花瓶の登場ー。
coco大喜び!さすが、幼稚園児。
シロツメクサをさしてみます。ピッタリ!

私が小さい頃、これと同じくらいの小さな花瓶を持っていました。
その小さな花瓶に合う小さな花を探してきて飾るのが、小さな楽しみでした。
お店でこの花瓶を見た時、その記憶がよみがえってきて…。

なかなか使い道のない、小さな花瓶。
長い間、出番を待っていました。やっとです。



◆ ブログ村 ランキング参加中 ◆
クリックよろしくおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

かわいぃ~

相変わらずのcocoちゃんの可愛さがたまりません~~笑

またブチッと引きちぎってきた感じが幼稚園児らしくて微笑ましいです♪

私も沢山引きちぎったな~。

泥団子も必死になって作っていました~。
どれだけ頑丈で大きな団子を作るか悩む日々を思い出して笑えます。

小さな花瓶もステキです~。

ではでは~。

◆RoRo◆さん


◆RoRo◆さん。
コメントありがとうございます!

そうそう。
引きちぎった感のすごいシロツメクサでしたー。
かわいそ。

子供って、お花とか葉っぱとか大好きですよね。

今ココは、ツツジの花集めに凝ってます。
幼稚園バスのバス停までの道のりに、ツツジの生け垣がいっぱいあって。

落ちているツツジだけOKという約束で、毎日ツツジ集めをしています。
毎日の行きと帰り、両手にいっぱいのツツジを拾います。
そして、こっそり捨てるという毎日。

帰り道は時間があるので、特に念入り。
それって、よそのおうちの掃除してるだけじゃない?と言いたいところですが、ガマンです。

ハワイ風のレイが作れそう。

泥団子!なつかしい!
そうそう。
カッチカチに作りました。
それを心ない大人(母)に捨てられたりして…。

今の泥団子ってもっと進化していて、子供が幼稚園で作る泥団子は「カチカチ + サラサラ」です。
なんか表面をサラサラの砂でコーティング?するみたいで、すんごいキレイ。
それは1日かけて1個作るという、頑固な職人のような作業からできるらしいです。
だから勝手に捨てるなんて、おそろしいことは無理な訳で…。
お姉ちゃんが幼稚園の時は、庭に並べてありました。

そういえば、ココからは泥団子の話は聞かないなぁ…。

長々とゴメンなさいー。
泥団子話、嬉しくってついつい…。


droich
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。