スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボンのブローチ ステッチ

2015.02.11 08:25|もの作り (革)



リボンのブローチ ステッチ。

ちょうちょ結びのステッチをしていきます。
麻糸でステッチをするのですが、このリボンのブローチだけ2重にステッチ。
2重だと、ステッチがぷくっとふくらみます。

太い糸だったら、2重にしなくていいかも…と、太い糸を試してみました。
まず、針の穴に糸が通らないという凡ミス。
むりやり通して縫ってみたけど、なんだか違う!却下。

やっぱり今まで通り、いつもの麻糸で2重にしよう。

革の縫い方は少し変わっています。
糸の両端に針を付けて、2本の針で交互に縫います。
糸をあとで足したくないので、糸を長めにします。

リボンのブローチは2重だから、とにかく長ーい。
もう、糸が何度もからまって大変大変。

「下手の長糸 上手の小糸」って言葉あったなぁ…。



◆ ブログ村 ランキング参加中 ◆
クリックよろしくおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

No title

こんにちは!
革って縫う時やっぱり先に穴開けるんですか?
これって針で?
木槌使うんですか?
疑問符ばかりですみません<(_ _)>

おばさん会社員さん


おばさん会社員さん。
コメントありがとうございます!

そうなんですー。
先に穴を開けます。

フォークのような道具があって、それを革にあてて木槌でコンコンすると革に穴があきます。
その穴に、針を2本使いで縫っていきます。

革って工作と手芸の間のようなかんじです。
手芸が苦手な私も、楽しく針を使えます。
手芸の時の針はイライラするのに。不思議。

きっと木槌コンコンの作業が楽しいからかも。
でも木槌コンコン、やりすぎると肩はこるし、指はプルプルしてくるし散々です。
でもでも木槌コンコン、ストレス発散になりますー。

針も2本だと、変なかんじでなんだか楽しいです。
革細工、面白いですよー。ぜひぜひ!


droich
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。